スマホナビ

今日、息子の勤めるディーラーに車の修理を頼んできました。
車を店に置いて、けっこう遠い最寄り駅まで「歩いて帰れ」と、母の健康を気遣った優しい息子のお言葉
(/ヘ ̄、)グスン
おおよその方向はわかっているのですが、幹線道路沿いに行くと明らかに“遠回り”。
はじめてスマートフォンのナビ機能を試してみました。車の通れない団地の間の道を抜け、遊歩道を通って…音声で案内してくれました。「オレの足で45分くらいかかる」と息子が言っていた駅まで30分でたどり着くことができました!!
さすがです、スマホヽ(・ω・*)乂(*・ω・)ノ ♪

早くたどり着いたお陰で、ゆっくりと買い物をすることができました。

「そんなぁ~」(T-T)


久しぶりの映画鑑賞に、意気込んで出てきたのですが、満席で入館させてもらえませんでした。次の回は二時間後、そこから映画は一時間半…待てません。ぶらぶら歩いて帰ります。残念です!!


奈良町をぶらついて、下御門商店街、餅飯殿商店街、三条通…久しぶりに歩くと、お店ががらりと変わっていたりします。変わらないもの、変わっていくもの…なんでもひっくるめて受け入れてしまうのが奈良の町の不思議なところだと思います。
下御門商店街の中ほどに“ 町家空間 ”なる、不思議な場所ができていました。スイーツ、占い、姓名判断、創作お面、軽食、雑貨・アクセサリー。雑多で不思議な雰囲気が漂っていましたよ…

マイナス4度の世界((((-ω-;)))


早朝、駅まで車を走らせました。といっても6時は過ぎていたのですが。
車外温度計は“-4”。どこもかしこも、ばしばしに凍ってましたが、それでも街はもう動いていました。
駅前の飲み屋街を抜けたところで、お巡りさん三人に職務質問を受けました。飲酒運転の検問だそうです。こんな寒い中、お仕事とはいへご苦労様です。
ところで…思い当たる節はまったくないにもかかわらず“ドキドキ”してしまったのはなぜだったのでしょう…ねぇ(・・;)

スマホスタンド♪

持ってない人を探すのが難しいほど携帯電話全盛の時代にあっても、スマートフォンの普及率は携帯電話使用人口の一割に満たないという調査もあるそうです。
が、スマホアプリと関連グッズは続々と数を増しています。
仕入先様から販促グッズの見本をいただきました。
滑り止めラバーにスマホを載せれば、OK。机の上で好きな角度にして使えるのでとても便利!!
もちろん、今までの携帯でも使えます。
社名も入れられるので、新しいノベルティグッズとしてお客様に喜んでいただけること間違いなしです。
お気軽にお電話でお問い合わせ下さい。

救急医療情報キット

高齢者や持病・障害のある人が、救急時に必要な情報を収めたカプセル(救急医療情報キット) を冷蔵庫に保存しておこうという取り組みをご存知ですか?救急情報記入用紙・保管用カプセル・キットを備えていることを示す玄関用ステッカー・カプセルを保管していることを示す冷蔵庫用マグネットシール・説明文等が標準セットになっているようです。

アメリカ オレゴン州ポートランド市で実施されていた制度をもとに、2008年度に東京都港区が導入。個人情報を本人が自宅で保管できることが評価され、高齢化がすすむ自治体で導入が進みつつあります。地域性を生かした独自のデザインのキットを作成しているようです。しかしながら、自治体を単位とする取り組みはまだまだ十分とはいえないのが現状。そこで、自治会単位で地域に住む高齢者や必要とする人達にに配布しようという活動が広まってきています。

かくいう私の母も一人暮らしの身。 住んでいる地域では「そんな話題すら耳にしない…」ということなので、母用に既製品を取り寄せてみました。
思っていた以上にしっかりした容器で、たっぷりとした容量があります。 健康保険証やかかりつけ病院の診察券のコピー、本人確認の為の顔写真、薬剤情報提供書(又はお薬手帳のコピー) 等も一緒に入れておくと安心かもしれません。

当社でも、オリジナルステッカーやマグネットシールのデザイン・ 作成を承っております。自治会・町内会で作成をご検討の際には、是非、ご相談ください。