大晦日

今年も残すところ一日となりました。本年も変わらぬご愛顧を賜りましたこと、社員一同心より感謝申し上げます。ありがとうございました。
来年は『巳』の年。脱皮の後、大きな成長をとげるへびのように、不景気から脱却し飛躍をとげる喜びにあふれた年になりますよう、願ってやみません。

■新年は1月7日(月)午前9時より営業いたします。

新しい年も、いっそうのご贔屓を賜りますよう心よりお願い申し上げます。
皆様、よいお年をお迎えくださいませ。

お餅つき

今日は家の自治会の人たちが餅つきをしてくれました(^o^)
毎年の恒例行事ですが準備をしてもらってありがたいです。
ちゃんと火からおこして、杵でついたお餅と温かい豚汁は美味しかったです。
午前中は暖かな日差しがあり子どもたちに杵を持たせてもらい、いい餅つきが出来ました。

春日若宮おん祭

大宿所は、餅飯殿商店街の中にあります

神事の打ち合わせ中のようです。

   『お渡り式』で使う装束が並べられています。

 懸鳥:大宿所に飾られたお供え物です。


『御湯立の儀』を行う大釜。沸き立ってます。

奈良の師走を飾る春日若宮おん祭が、始まりました。                        

毎年12月15日から18日まで繰り広げられる、1136年から続く日本最古の文化芸能まつりです。
その昔、洪水飢饉に苦しむ民を優えた藤原忠通が、数々の芸能を奉納して若宮神をおまつりしたところ、天下が無事に治まったことに由来する行事だとか。王朝末期から続く神事や古典芸能が、ほぼもとのままの形で継承されているそうです。
大宿所で振る舞いの『のっぺ汁』をいただきながら、行事の説明が書かれたパンフレットを読んでいました…奈良に来て二十六年、はじめていわれを知りました f(^^;
17日正午からは、各時代の装束を身につけた人々を通観できる『お渡り式』が、奈良のメイン道路を通行止めにして行われます。この日、奈良市内の公立幼・小・中学校は午後からお休みになります。子どもたちはこの『お渡り式』を見物に出かけ、ふるさとの伝統行事を体感します。