“動くダンボールアート展”

奈良在住のアニメーション作家・動くダンボールアート作家 千光士義和氏の個展を観に、ミ・ナーラ5階にある奈良市美術館に出かけてきました。ダンボール紙だけで作られているとは思えない、楽し〜い世界が広がっていました。

毎日フツーに使っているダンボール紙から、なぜこんなに繊細な作品が生まれてくるのか…歯車のひとつひとつまでダンボールて作られているなんて、発想力と表現力に魅了されました。

会場では見学者が手動で動かせる作品も展示されていて、会場に来ていた家族連れも楽しんでいましたよ❣️お時間があれば是非足をお運びください、おすすめです。(入場無料)(個人で楽しむための写真撮影可能)

「“動くダンボールアート展”」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

12 + eighteen =

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)